2017にしのみや甲子園ハーフマラソン(ハーフ・非公認)

2017年11月5日に出場した、にしのみや甲子園ハーフマラソンについて紹介します!

この大会は、スタートとゴールが異なるワンウェイコースにて行われます。スタートは、阪神タイガースの本拠地である聖地・甲子園!阪神ファンにとっては、一度は出てみたい大会なのではないでしょうか?ゴールは武庫川の河川敷。ぼくは、72分台でゴールしました。

それでは、以下で、この大会に関して感じたことを書いていきます!

 

大会のレベル

■ 参加ランナーのレベル

  • 男子の部では、1時間10分〜15分の間に20名弱。
  • 女子の部では、1時間20分切りが3名だった。

■ 途中関門と制限時間

  • 6.5km関門:55分

 

エントリーから大会当日まで

■ エントリー

  • エントリーの開始は3月26日だった。先着順で、定員は10000人。実際のエントリー数を確認してみると、定員には達していなかった模様。

■ 参加料

  • 4,200円

■ ナンバーカードの受け取り

  • 当日、会場にて、事前に郵送されたはがきと交換。はがきは10日ほど前に届いた。
  • 8時~9時半の間が受付時間だったが、9時半直前は行列ができており、時間がかかっている様子だった。

■ 大会案内の充実度

  • パンフレットはなく、サンスポの特別折込がパンフレット代わりだった。

 

大会当日(スタートまで)

■ アクセス

  • スタート地点へは、阪神甲子園駅下車後、すぐ。

■ スタート地点となっていた阪神甲子園球場周辺の様子

スポンサーリンク
  • 8時に到着したが、到着している方は少なかった。
  • 会場内には、給水所があり、水を飲むことができた。
  • 手荷物預かり所はあまり混んでいなくて、ストレスなく預けることができた。
  • 甲子園球場の外周にてアップを行ったが、混雑することはなくアップできた。
  • トイレは3ヶ所ほどあったが、まあまあ混んでいた。

 

大会当日(スタート、コース、フィニッシュ)

■ スタート

  • 10:00スタート
  • スタート位置への整列は、スタート時間の30分前からだった。スタートブロックは、ゼッケン番号順に分けてあった。
  • スタート位置の横幅は、一車線分で、横一列に15人並べるくらい。

■ コース

  • スタートとゴールが異なるワンウェイコース。
  • ほぼ平坦。ただ、7kmあたりからゴールまでは河川敷を走るため、風の影響を受けた。行って帰るので、どっちかが向かい風でもどっちかが追い風だけども。
  • 給水は、5km、9.5km、11km、14km、15km、18km、19kmの7ヶ所にあった。
  • 10km過ぎに、若干食べ物が置いてあった。

■ 距離表示

  • 1kmごとに表示してあったが、距離がおかしいと感じる区間が多々あった。あまり参考にできなかった。

■ 天気

  • 快晴!
  • 気温は8時の時点で、11℃程度と座っていると肌寒かった。スタート前には14℃まで上がっており、スタートを待っている間は寒さを感じなかった。走っている間は気温が上昇し、12時頃には17℃まで上がっていた。

■ フィニッシュ後の流れ

  • ゴールしてすぐに500mlペットボトルのお水を頂けた。

■ ゴール地点となっていた武庫川会場の様子

  • ゴールの様子
  • ゴール付近には、特別協賛企業である日本ハムの出店が設置したあった。
  • ゴール地点の最寄り駅までは、徒歩15分程度。ゴール後ということもあり、15分といってもつらかった(笑)

■ 参加賞

  • ゴール後にいただけるT-シャツ(完走していなくても貰えてた様子)
  • おしゃれなデザインで気に入った◎

 

まとめ

以上になります!やはり、甲子園スタートというのは、テンションが上がりましたね。コースも走りやすかったし、非常に楽しい大会でした。また、出場してみたいと考えています(^-^)

→中国 | ↑ページトップへ↑

スポンサーリンク